Angular Document Transration Begining

Angular ドキュメント翻訳の事始め

この記事は、Angular Advent Calendar 2017の23日目の記事です。
this report is Angular Advent Calendar 2017, day 23.

Angular ドキュメントの翻訳について紹介します。
I will introduce translation of Angular documents.
 

まず最初に見る所 / First place to see

angular/angular-ja の README.md を読みましょう。
Let’s read README.md of angular / angular-ja.

基本的な事は、全てここに記載されています。
All the basic things are listed here.

実施環境 / Implementation environment

npm, node, yarn, Tyepscript, Angular cli のバージョンは、下記の通りです。
npm, node, yarn, Tyepscript, Angular cli version is following.


セットアップ / Set Up

  1. リポジトリのクローン / clone of repository

    ➜ git clone git@github.com:angular/angular-ja.git  # From angular/angular-ja
    or
    ➜ git clone https://github.com/UserName/angular-ja.git  # From Fork repository

    ※自分は、先にフォークしてからクローンしました。
    ※I first forked and cloned it.

  2. angular/angularリポジトリのダウンロード
    download of angular/angular repository

  3. npm インストール / npm install
    ➜ angular-ja git:(master) ✗ npm i  # npm install

README.md の手順通りです。
※npm インストールを追記しています。 / add steps npm install.

ローカルでのビルド / Local Building

➜ angular-ja git:(master) ./build.sh

 

README.md の手順通りです。

ローカルでのビルドで躓いた事 / point of failed for Local Building

  • node のバージョン / node’s version
    当初 v8.4.0 でしたが、ビルドする際に、エラーが発生する為、バージョンを v6.9.5 にしました。
    at first v8.4.0, version down to v6.9.5. beacause build error had occured.
  • yarn のバージョン / yarn’s version
    yarn のバージョンをv1.3.2にしました。

    yarn のバージョン v1.0.0以下だと、ビルドエラーが発生する為です。
    Because yarn version v1.0.0 or less, a build error had occured.

  • Tyepscript のバージョン / Tyepscript’s version
    Tyepscript のバージョンをv2.4.2にしました。

    下記警告が、出力されますが問題ありません。
    The following warning is output, but there is no problem.

  • SSHキーに誤りがありました。 / wrong SSH key
    github のSSHキーをさくらVSPサーバーのSSHキーに上書きしていた為、
    下記エラーが発生しました。
    Follwong Error had occured.
    Beacuse SSH key of github had overwite by SSH key of SAKURA VPS Server

    ➜ angular-ja git:(master) git submodule update –init
    Submodule ‘origin’ (git@github.com:angular/angular.git) registered for path ‘origin’
    Cloning into ‘/Users/UserName/work/angular-ja/origin’…
    git@github.com: Permission denied (publickey).
    fatal: Could not read from remote repository.

    Please make sure you have the correct access rights and the repository exists.
    fatal: clone of ‘git@github.com:angular/angular.git’ into submodule path ‘/Users/UserName/work/angular-ja/origin’ failed

翻訳作業 / Translation Work

  1. 翻訳宣言のイシューを作成する / Creating New Issue


  2. 翻訳で置き換えたいファイルを aio-ja ディレクトリにコピーする
    Copy the file you want to replace with the translation into the aio-ja directory

    今回の場合は、既に guide/testing.md が aio-ja ディレクトリにありました。
    In this case, you already have guide / testing.md in the aio-ja directory.

  3. 翻訳します / Translate
  4. プルリクエストを作成します / Create Pull Request
    ※この記事では、プルリクエストを作成していません。
    ※事前にフォークしたリポジトリからプルリクエストしても同じです。

ローカルでの確認 / Local Confirm

➜ angular-ja git:(master) ✗ cd .tmp/aio
➜ aio git:(6e8e3bd) yarn serve-and-sync

 


まとめ / Summary

 
今回は主に翻訳に着手するまでの過程で、自分が躓いた点をまとめました。
This time I mainly compiled the points I gained in the process until I started translating.

記事作成中に ng-japan の Slack の #traslation で、こんなポストがありました。

というわけで、慌てずに年末年始で翻訳する準備をしてみては如何でしょうか?
so, What do not you try getting ready to translate?

明日は、 @albatrosary さんです!
Tomorrow is @albatrosary !

追記 / Additional notes

 
後日(12/26)に更新のポストが有りました。
There was an update post at (12/26) at a later date.

翻訳環境を更新しました。
I updated the translation environment.
 


npm, node, yarn, Tyepscript, Angular cli のバージョンは、下記の通りです。
npm, node, yarn, Tyepscript, Angular cli version is following.



リポジトリの更新は、下記状態になります。
Updating the repository is as follows.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です