新訳:ADB Helperをハックしてみた(まとめ)

この記事は『Firefox OS / B2G OS Advent Calendar 2016』 25日目の記事です。
Firefox OS で、使用されている「ADB Helper」を再度まとめ直してみました。

目次

 

今回は、adb-helper のまとめをしていきたいと思います

  1. フォルダ内のファイル構成
  2. 今回のまとめ
  3. 関連記事
  4. 今年のAdvent Calendar
フォルダ内のファイル構成

 

[ 解凍フォルダ内のjsファイル群 ]
windows
mac
linux

install.rdf

main.js

adb.js

adb-client.js

adb-running-checker.js

adb-socket.js

bootstrap.js

scanner.js

device.js
※1
※1
※1

devtools-import.js
※1
※1
※1

devtools-require.js
※1
※1
※1

fastboot.js
※1
※1
※1

subprocess.js
※2
※2
※2

subprocess_worker_win.js
※3
※3
※3

subprocess_worker_unix.js
※4
※4
※4

 
※1 : version 0.7.1 時点では無かったファイル
※2 : version 0.7.1 時点で有ったファイル
※3 : version 0.7.1 時点で有ったファイル、Windows用ファイル
※4 : version 0.7.1 時点で有ったファイル、mac,linux用ファイル

OS毎に使用されるファイルが有る事が確認できます。

今回のまとめ

 
subprocess.js,subprocess_worker_(win/unix).js は、アドオンのバージョンアップにより
device.js,devtools-import.js,devtools-require.js,fastboot.js 等の
モジュールに置き換わっていますので、ハックは割愛します。

最初に投降した「ADB Helperをハックしてみた(前篇)」が2014年11月6日ですから
完遂するのに 2 年以上経っている事になります。

逆に2 年以上経っているからこそ、モジュールの効率化が
どのように進化を遂げているかが分かりました。

バージョン 0.7.* の時は、Windows 用と mac,Linux用でjs ファイルが別だったのが
現在は全ての OS で同じ js ファイルを使われている事からも分かります。

ADB Helper をハックしてみて、Android SDK 無しで簡単に Firefox OS 端末(Fx0, Flame)や
Open Web Board, CHIRIMEN ボード Echigo Rev.1 に接続して Web 開発と
同じ要領で、デバイスへアプリをインストールする仕組みを理解する事が出来ました。

これまでの投稿記事で、記載内容に誤りや補足、アドバイスなど頂ければ幸いです。

関連記事

今年のAdvent Calendar

去年のAdvent Calendar

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です