坊主五輪がROM焼きをするようです。(Windows10 IoT Core編)

タイトルの通り、Windows10 IoT Core のイメージをSD カードに焼く話です。

Gunma.web で知り合った@noviiro さんのお誘いで、コワーキングスペースSOMETHIN’ ELSE
開催されるガジェットもくもく会@高崎 Vol.3 に参加しました。

調査

 
やろうやろうと思ってて、なかなか時間が取れなかった作業ですがようやく作業できます。
本日の機材はこちら。

前回のガジェットもくもく会@高崎 Vol.2 で、@noviiro さんや@shikiyak さんに手順が
変わっているかもしれないと情報を教えて頂きました。

ちなみにググるとこんな感じ。
10
キーワード:windows10 iot core download
http://is.gd/ly8tFk

上記サイトでは、現在(01/11時点)マイクロソフトさんから公開されているツールの
内容ではないとのお話でした。
ちなみに最新のツールで手順は分からなったで、今回チャレンジしてみる事にしました。

作業開始

 
以前、@shikiyak さんに最新ツールはWindows10でないと動作しないとの
情報(自分では未確認)を聞いていたので、無難な作業をする為に下記PCを用意しました。

工人舎 SX3KX06MFD
http://jp.kohjinsha.com/models/sx/specification/index.html
KIMG1009

最初少々迷いましたFirefox ver43.0.2(2016.01.11時点PC環境)で、「Get IoT Core Dashboard」ダウンロードしようとした所
「setup.exe」のダウンロードに何度も失敗しました。

まぁ~よくよく考えてみるとMicrosoftのツールを落とすのにFirefoxではイカンだろと云う事で
edge からダウンロードしたら、すんなり終了しました。
※2016.01.15 Firefox ver43.0.4では問題ありませんでした。別の理由かもしれません

setup.exe を起動し、インストールする手順は省きます。
※キャプチャし忘れていました(^^;

インストールが終わり、予めSD カード接続しておいた状態でDash Boardを起動します。
※今回はKingston製 Class10 32GB のSDカードを使用しました
00

「ダウンロードとインストール」をクリックします。

イメージを焼き始めると下図が表示されます。
03

イメージ作成が終了すると下図が表示されます。
04

メッセージに従って、SD カードをRaspberry Pi 2 に装着し起動すると下図のようになります。

まとめ

 
過去のサイトの記事の手順だと結構手間がかかりますが
今回の「IoT Core Dashboard」だと格段に簡単である事が分かります。
※だから、手順記事が無いワケか・・・・(^^;

流石、天下のマイクロソフトさん、ツールが充実しているのを感じました。
このように簡単なので、皆さんも挑戦してみては如何でしょうか?

関連記事

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です