ワケあってWindow10 Build 10130から
Windows 7に戻した話

タイトルの通り、OSをWindows 7に戻した経緯の話です。

マシンスペックは下図の通りです。
machine_spec

  1. 経緯
  2. 調査
  3. 結果
  4. 現状
  5. まとめ
  6. おまけ

経緯

Windows10 Insider Program Build 10074

最初に気が付いたのが06/13(土) 14:33
やたらCPUファンが回って、熱風が横から出ている事が気になりました。
調べてみたら、こんな状態でした
11051817_735850603191412_4861774420115233285_o

11045507_735850623191410_8401121726421412577_o

C、CPU稼働率100%?!( ゚д゚)ポカーン
なんなんだ?!このディスクアクセス率?!

ローカルシステムとシステム割り込みのプロセスが交互に負荷を上げていました。
余談ですが、最長1時間42分放置してもCPU稼働率100%を維持していました。
その間、当然ですがCPUファンは唸りっぱなしです。


調査

この時の環境

Windwos10_10074
上図の様に開発環境やらカスタマイズしまくりなので、致し方ないかと最初は思ってました。
念の為、イベントビューアとかを調査してみたら・・・・。
11406609_735998563176616_8170058744739190666_o

エラー吐きまくりなので、調べて下記URLを参考に対策を講じてみました。
11018625_735998593176613_4687712477066137663_o
Bonjourエラー100の修正方法
結論から言うと、効果なしでした。


結果

Windows Insider Program Build 10074再インストール

  1. アップグレードインストール
     Windows7⇒Windows10 Insider Program Build 10074
  2. 新規インストール
      Windows10 Insider Program Build 10074

手順はどちらもOSインストール後、ChromeとFirefoxをインストールしただけの状態です。
11402532_736436966466109_7452987821506774432_o

11406296_736437056466100_7769557377553656508_o

11059337_736437016466104_7323224893081295224_o

負荷比較 Windows 7 の場合

11062169_736644979778641_6491663468174552360_o

1501440_736645019778637_4802085798454144819_o

11253590_736645086445297_6378541611165199183_o

C、CPU稼働率0%?!( ゚д゚)ポカーン
何?プロセス少なっ!

負荷比較 Windows10 Insider Program Build 10130 の場合

縋る思い/改善されるであろう期待で、Build 10130を
アップグレードインストール,新規インストールしてみた結果、同じ結果でした
11427019_736645003111972_5174887593879817734_n

11391262_736645033111969_5155886318940737388_n

11403482_736645103111962_6587116300040305064_n

C、CPU稼働率100%?!( ゚д゚)ポカーン
やっぱり高い!
メーカーにこの機体のWindows8.1用のドライバの有無も確認しました。

  • 現状は、Windows8.1用のドライバは無い。
  • Windows10に関しては、今後確認予定との事。


現状

現状は、ホストOSをWindows 7にしています。
理由は、原因も分からずに常時CPU100%の負荷を
掛けておくのはハードの消耗的な意味で、
得策ではないと判断した為です。

個人的には、負荷問題さえなければ使い続けたい
UIに仕上がっているOSだと思います

参考までにVMPlayer上にWindows10 Insider Program Build 10130を
インストールした結果が、下図の通りです。
CPU_VM

process_vm

瞬間的にCPUが100%になる事がありますが、ホストOSとして
扱ってた時のような状態にはなりませんでした。

まとめ

負荷を高めていたと思われるプロセス

  • サービスホスト:ローカルシステム
  • システム割り込み
  • AntimalwareService Excutable
  • mbbService.exe

※タスクマネージャー目視確認レベル

ホストOSとゲストOSの差

原因は調査中
環境に関しては、下図の通り
ホストOS:Windows 7
computer

ゲストOS:Windows10 Insider Program Build 10130
system_VM

※2015/06/22時点での自分が得た知見です。
 所有しているPCやインストール手順が異なる場合
 性能や結果に差が出る事は予めご承知置き下さい

また情報を得たら、書きたいと思います。

おまけ

預かっている友人のPCにホストOSとして
Windows10 Insider Program Build 10130 32bitを
新規インストールした場合
工人舎 SX3KX06MFD
http://jp.kohjinsha.com/models/sx/specification/index.html
kojin_system

kojin_cpu

kojin_process

こちらは、CPU負荷が100%を維持しませんでした。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です